淋病とは淋菌感染症とも呼ばれており、男性が感染しやすい病気です。
しかも1回性行為をして感染する確率はなんと約30パーセントといわれている感染力が高いものなのです。
しかも耐性を持つ菌も増えてきているのできちんと治療を受けずにいると完治をできずに次々と感染させてしまう恐れがあります。
咽頭に感染した場合は重症化するまで自覚症状がないことが多いです。
性器に感染した時には男性の場合、潜伏期間が2日から7日あり、その後排尿する時に痛みを感じたり尿道から膿が出たりするようになります。
さらに進行すると精巣に腫れが起きて痛みのあまり、歩きにくくなってしまうことがあります。
ここまできてしまうと、治療した後で無精子症になってしまうことがあります。
女性の場合は子宮の出口に感染しても自覚症状があることは稀です。
粘り気のある膿のようなおりものが増えたり、膣の出口の下側が大きく腫れてしまうことがありますがこれは稀に起きる症状です。
感染がおなかの中まで拡がってしまうと発熱や強い下腹部痛が起きることがあります。
これは卵管不妊や子宮外妊娠の原因になりやすいですので注意が必要です。

淋病 原因は性行為ですから、自分やパートナーが感染している自覚もしくは疑いがある時は性行為を避けるようにし、治療に専念するほうが良いです。
治療は淋菌に効果がある抗生物質を使います。
耐性のある菌が増えているので、点滴や注射で治療を行うことが多いです。
重症化していなければ外来で点滴を一度するだけですみます。
しかし腹膜炎などにまでなってしまっている時は入院して数日間の治療を行う必要があります。
もちろん治療はパートナーも一緒に行わなければいけません、感染している可能性があるからです。
治療した後は3日以上おいてから再検査をして陰性になっているかどうかを確認します。
予防するには性行為の際に必ず正しくコンドームを使うことです。